クレジットカード会社のカラクリ

実はクレジットカードはよく利用はするけど・・・実は仕組みを知らない、という方も多いと思います。
今回はクレジットカードの利用とクレジットカード会社が儲かる仕組みについてです。

最近のクレジットカードは本当に身近なものになりましたね。
一人当たり数枚は持っていることは当たり前ですね。最近ではインターネットで購入するときには当たり前のように使われますし、また税金や水道代などもクレジットカードで支払えるようになったので、クレジットカードで全て支払いを済ませている、という方もいますね。





しかし、私たちがクレジットカードを利用すると、その翌月か翌々月に支払いが発生するのがクレジットカードですね。
その間、自分の手元には商品があるし、すでに使っているのに お金の支払いは残っている。それで大丈夫なの?と漠然な不安を感じることがあると思います。

一般的にこのクレジットカードの「クレジット」は「信用」という意味なのです。
なので、クレジットカードが会社が「このカードの持ち主のことを信用しています。必ず払ってくれる利用者です」という意味を込めて発行されるカードなのです。
なので、利用者側の私たちとクレジットカード会社、そしてそのクレジットカードの加盟店(お店)の三社がお互いに「売買の信用」の元に成り立っているのが このクレジットカードの基本です。

またこの「信用」ですが、これはクレジットカード会社は「あなたの利用金額は引き落とし日にしっかりとお金を引き落とせます」という信用でもあるのです。
そのために言ってみれば加盟店はこの信用を信じて クレジットカードが会社に対して クレジットカードの利用に対しての利用料を購入額の2~7%を支払うことになっているのです。
お店側としては現金で購入してくれた ムダな手数料を支払う必要がないのに、どうしてお店はこんなムダな手数料を支払うのでしょうか? それはじつは「現金がないからいいわ」と購入してもらえない、ならクレジットカードで支払ってもらったほうが利益になるからなのです。

クレジットカードを私たちが利用している以上、必ずやってくるのが「締め日」です。
この日までに利用したクレジットカードはクレジットカード会社の規定により 利用者銀行口座からお金は引き落とされます。
この時に自分の支払い能力以上の購入をしてしまうと、のちにクレジットカードの多重債務などが起こってくるのです。心配な場合には自分の利用限度額を下げたり、不必要なクレジットカードは持たないようにすることが大切です。

クレカはこの10枚から選びなさい
海外旅行をしたい人に知ってほしい、クレジットカードに関する6つの知識
中古車の下取りと買い取り
自動車を購入するときの注意点
[PR]
by finance911 | 2012-05-31 19:11 | 金融関連サイト


<< 消費者金融はどこに向かうのか 消費者金融の今 >>