消費者金融の今

お金を借りる事は必要悪です。「お金だけが全てではない」のはもちろんですが、現実問題お金がかかるのも事実です。それだけお金の問題は切実なのです。
そのお金が足りない時には、お金を借りるしかありません。
お金を貸してくれる金融機関は様々ですが、その中でも比較的審査が緩いのが消費者金融でしょう。
消費者金融に限らず、金融機関はお金を貸し、利息込みで返済される事で利息の部分が利益になる仕組みです。
そのため、お金は貸した方が良いのですが、返ってこないリスクもあるのです。

その場合、貸したお金はまるまる損失になってしまいますので、お金を貸す際には、どの金融機関も「審査」を行うのです。これは当たり前の話なのですが、審査は金融機関によって異なります。
一番厳しい金融機関は銀行でしょう。
そして信販会社、消費者金融と続くのですが審査が甘いほど、金利が高くなるのです。
例えば同じカードローンのサービスにしても、銀行の金利と消費者金融の金利は案外異なるものです。
ですが、銀行の方が審査が厳しいため、本当は銀行でお金を借りたいけど、消費者金融でしかお金を借りる事が出来なかったという人も珍しくないでしょう。
そんな消費者金融、最近では様々な事が重なり、苦境に立たされているのです。





まずは過払い返還訴訟。かつて「グレーゾーン」と呼ばれていた金利が「違法」と判断されてしまいましたので、グレーゾーンでの取引分は全て返済しなければならなくなってしまったのです。
それまで利益だと思っていたものを返済しなければならないのですから大変ですよね。
更に、その後貸金法が改正され、多重債務者にお金を貸す事が出来なくなってしまいました。
多重債務の是非はともかく、多重債務者は消費者金融からすると常にお金を借り、利益をもたらしてくれる素晴らしい存在なのです。

そんな多重債務者にお金を貸す事が出来なくなってしまったのです。
得ていた利益を返済すると同時に、これからの利益の部分にまでメスを入れられてしまった、それが消費者金融ですので、最近では消費者金融の倒産も珍しいものではなくなってきています。
業界最大手と呼ばれていた消費者金融でさえ倒産の憂き目を見ているのですから、今ではどの消費者金融も経営が厳しいのでしょうね。
とはいえ、どこかに引き継がれる形になりますので、借金まで帳消しになる訳ではありません。
この部分は勘違いしてはならない部分ですので、しっかり返済しましょうね。

ユダヤに学ぶ世界最強の勉強法―わが子を億万長者に育てる方法
Paypalがオワコン化してしまった件について
中古車の利点と欠点
自動車のDIY入門
[PR]
by finance911 | 2012-04-03 16:00 | 金融関連サイト


<< クレジットカード会社のカラクリ